関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

姫路城 城郭全体のバランスが美しい、均整な姿の「白鷺城」

(散策コース:姫路)

姫路城は、白亜の天守が美しく、別名「白鷺城」とも呼ばれます。

その優雅な姿の天守は、江戸時代のものが今に残る「現存天守」。

彦根城の天守などとともに、日本に5つある国宝の天守の1つです。


片田舎の小城から西国有数の名城に成長した姫路城

天守を取り巻く遺構も残る、均整の取れたお城

姫路城周辺のビュースポット、男山

姫路城全景

片田舎の小城から西国有数の名城に成長した姫路城

この姫路城は、戦国時代には黒田官兵衛(如水)の居城でした。

当時は、姫路の地はまだ片田舎に過ぎず、姫路城も、現在の姿からは想像できない小さなお城だったそう。

その後、黒田家が、織田家の有力武将、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)の傘下に入ったことをきっかけに、姫路の発展がはじまります。

秀吉は、中国の毛利氏との対決に備え、姫路城の大がかりな改修を行いました。

本丸には三層の天守。姫路城は、片田舎の小城から「並以上のそこそこ立派なお城」へとステップアップします。


さらに、関ヶ原の戦いの後には、西国大名の抑えのため、池田輝政によって大改修が行われます。

このときに建てられたのが、今も残る五層六階の現在の姫路城天守。

この大改修で、姫路城は「西国有数の名城」へと変貌しました。

なお、池田家の後は、譜代の本多家など、城主が頻繁に入れ替わりました。

しかし、お城自体は、西の丸を除けば大きな改修は行われることなく、江戸時代初期の姿を今に残します。

姫路城天守とその周辺

天守を取り巻く遺構も残る、均整の取れたお城

姫路城と聞けば、白く優雅な天守をイメージされる方が多いです。

しかし、実際に訪れみるとよくわかりますが、天守以外にも、その周囲に堀に石垣、櫓、門、塀など、江戸時代の遺構が多く残されています。

実は、これが姫路城の最大の特徴。


天守の周りを堀や塀が幾重にも取り囲み、要所には櫓が建ち、天守に向かう道には大小さまざまな門が建てられて敵の侵入を妨げます。

天守を中心に、櫓や塀、堀などがバランスよく配置された、均整のとれた姫路城は、見る人にある種の「城郭美」を感じさせます。

多くの人が抱く「お城」のイメージそのままの景色が、ここにあります。

では、この姫路城の主な見どころを順にご紹介していきましょう。


お城の正面玄関、大手門

菱の門と天守への道

白壁が光り輝く連立式天守

千姫ゆかりの西の丸


<お城の正面玄関、大手門>

まずは、南側の大手門。姫路城の正面玄関にあたる大きな門です。


この大手門は、江戸時代のものではなく、昭和の初期に建てられたもの。

しかし、この大手門と周辺は、撮影スポットとして大変人気です。

お堀にかかる橋、すぐ後ろに大手門、さらに、その背後に白亜の天守がそびえる配置は、なかなか趣のある構図です。

大手門

<菱の門と天守への道>

大手門の先の入城口を抜けると、まず立ちはだかるのが、がっしりとした菱の門

柱の上に掛け渡された冠木(かぶき)に、「菱の紋」があることが名前の由来とされています。

この門は、門の直上に櫓が設けられた、いわゆる櫓門。

門前に殺到する敵兵に対して、二階の櫓から矢や鉄砲を射かけることができる、鉄壁の門です。

菱の門

菱の門の先には、天守への登城路が延びています。

しかし、この道は、天守の周りをグルグルと螺旋状に巡り、敵はなかなか天守に近づけません。


さらに、途中には敵の動きを妨げるための門があちこちに建てられています。

敵は、途中の道で迷い、また、門を突破するのに苦労している間に、周囲の塀や櫓から城兵に矢や鉄砲を射かけられてしまうのです。


なお、姫路城の門には、「い」「ろ」「は」など、かな文字の名前が付けられています。

菱の門から天守へ向かう道には、いの門~ほの門が並んでいます。

それぞれの門をくぐる際に、いろはの順に並んでいるか門の名前も確認してみましょう。

天守への道

<白壁が光り輝く連立式天守>

姫路城天守は、江戸時代初期に作られた、いわゆる「現存天守」。国宝に指定されています。


日本のお城の天守にはさまざまな形式があります。

例えば、現在の大阪城天守閣のように、天守台に1つの大きな天守が立つ形式は、「独立式天守」と呼ばれます。

これに対して、姫路城天守は、大天守と、その周囲に立つ3つ小天守が組み合わされた、複合的な建築物。

大天守と3つの小天守が渡櫓(わたりやぐら)で連結され、カタカナの「ロ」の字の形をしています。

このような形の天守は、一般に、連立式天守と呼ばれます。


大天守も小天守も壁全面が白い漆喰(しっくい)で塗られています。

天気のよい日には天守全体の白壁が太陽の光を浴び、光り輝く「白鷺」が出現。

姫路城天守

天守内には入ることができます。

ただ、白くて優雅な外観とは打って変わって、内部は大変無骨。

床は板敷きで畳などはなく、天井は柱や梁がむき出しです。


その一方で、大天守1階には、敵に弓や鉄砲を射かけるための開口(狭間)や、上から石を落とす石落としが設けられています。

建物内部から眺めてみると、改めて、姫路城天守が、実戦的な防御施設であることを実感させられます。

大天守内部

<千姫ゆかりの西の丸>

西の丸は、天守の西に位置する曲輪。

ここは、池田家よりも後の時代、譜代大名、本多忠政が姫路城城主となったときに作られた、姫路城の中ではやや新しいエリアです。

西の丸は、徳川家康の孫娘、千姫ゆかりの場所としても知られます。

千姫は、豊臣秀吉の息子、豊臣秀頼の正室であった女性。

豊臣家が滅亡した後に、本多忠政の息子、本多忠刻と再婚し、姫路城の西の丸で暮らしました。

西の丸

西の丸の西側には、外縁に沿って長い渡櫓が延びています。

この渡櫓は300mもの長さがあり、ついた名前が「百間廊下」。

百間廊下は、女中たちが暮らす住居として使われておりましたが、一方で、西の丸を守る重要な防衛線でもありました。

百間廊下の外壁には、矢や鉄砲をうつための狭間(ざま)が無数に開けられています。

百間廊下内の狭間

なお、西の丸は、姫路城城内で、美しい天守を眺めることができる場所の1つ。

西の丸内には、多くの樹木が植えられていますこともあり、木々の「緑」と天守の「白」のコントラストが大変美しいです。

西の丸から眺める天守

姫路城周辺のビュースポット、男山

姫路城の周辺には、天守を眺めることができる高台がいくつかあります。

その1つが、姫路城北西にある男山

男山の山頂にある貯水池公園から姫路城を眺めると、木々の中からにょっきりと突き出る白い天守が見えます。

男山から眺める姫路城天守

また、男山の中腹には、千姫により創建された神社、千姫天満宮があります。

この神社は、千姫と、その夫、本多忠刻の夫婦仲の良さにちなみ、恋愛成就の御利益で知られています。

もし、心中、気になる方がいるようでしたら、ちょっと寄り道してお参りしてはいかが?

千姫天満宮

スポット情報

<姫路城>

住所 兵庫県姫路市本町68
最寄り駅 (JR・山陽電鉄)姫路駅から徒歩20分
休城日 12月29日・30日
開城時間 (通常)午前9時~午後4時(閉門午後5時)
(夏季:4/27-8/31)午前9時~午後5時(閉門午後6時)
入城料 大人(18歳以上)1000円 小中高生300円
(幼児は無料)
ホームページ 姫路城公式ホームページ(姫路市)

関連地図

  • 新規会員登録
  • 散策コース紹介
  • つれづれ関西街歩き
  • お役立ち情報