関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

須磨 美しい砂浜のお散歩に山のハイキング、さらに「源平史跡」巡りはいかが?

散策コース:神戸(2))

神戸市の西部に、須磨という地域があります。

「神戸」と聞くと、旧居留地のモダンな街並みやベイエリアの港町の風景を思い浮かべる方も多いですが、この須磨の風景はちょっと違います。

ここは、その砂浜の美しさで昔から知られ、多くの歌人・俳人に愛された風光明媚な地。


今回は、港町のイメージに隠れがちな神戸の景勝地、須磨をご紹介します。



須磨

スポンサードリンク


海と白砂のコントラストが美しい須磨海岸

須磨と言えば、真っ先に思い浮かぶのが須磨海岸

眼前に広がる青い海と海岸線に沿った白い砂浜のコントラストが大変美しいです。


ここは、関西を代表する海水浴場の1つでもあります。

毎年夏には、神戸だけでなく近隣の大阪からも大勢の人が押し寄せます。

ただ、この時期は、砂浜が見えなくなるほど、どこも人だらけ。


須磨海岸を訪れる場合、海で泳ぐのでなければ海水浴の時期は外した方がいいですね。

穏やかな海と柔らかな波を眺めながらのお散歩が楽しめます。


須磨海岸では、須磨海浜水族園(通称:スマスイ)もおすすめ。

神戸市立の水族館で、入館料もかなり低く抑えられています。

入館者を圧倒する「大水槽」や毎日行われている「イルカショー」が人気です。

須磨海岸

海と山、両方の景色を楽しめる須磨浦公園

神戸という街は、海と山との距離が近いのが特徴です。

特に、須磨では海岸のすぐ近くまで山が迫っています。

その須磨の中で、海と山の両方の景色を楽しめるおすすめスポットが、須磨浦公園です。


海岸沿いの国道2号線のすぐ北に広がるこの須磨浦公園、2つの山の斜面を含む広大な敷地を誇ります。

山麓から山頂へ向けて整備された遊歩道、美しい海を眺めながらのハイキングはいかが?

また、須磨浦公園にある須磨浦山上遊園は、ちょっと懐かしさを感じさせる遊園地。

小さなお子さん連れのご家族でも気軽に遊びにいける場所です。

須磨浦公園からの眺め

また、数多くの歌人・俳人に愛された須磨。

須磨の各地には、さまざまな俳人の句碑が点在していますが、この須磨浦公園もその1つ。

松尾芭蕉与謝蕪村など、皆さんご存じの人物の句碑もあります。

ハイキング途中にぜひ探してみてくださいね。

須磨浦公園の句碑

源平合戦の史跡巡り

須磨は、源氏と平家が激しく争った源平合戦(治承・寿永の乱)の舞台の1つでもあります。


源氏の木曽義仲に京を追い落とされたものの、西国で勢いを盛り返した平家

一方の源氏は、義仲との「内輪争い」を制した頼朝の軍勢が西へ進みます。

両者は、現在の神戸市西部で激突。

これが、「源義経のひよどり越え」でも知られる一ノ谷の戦いです。


須磨は、この一ノ谷の戦いの主戦場の1つとなりました。

平家の若武者平敦盛と、源氏の熊谷直実との一騎打ちの話が有名です。

一騎打ちに勝利したのは直実。まだ幼さの残る平敦盛を泣く泣く討ち取りました。

しかし、この件で「戦の無情」を痛いほど感じた直実は、武士をやめて出家したとも伝えられています。


今でも須磨の各地に、源平合戦の史跡が残されています。「須磨巡り」のついでに訪れてみませんか。

例えば、須磨を代表する名刹、須磨寺

平敦盛の首塚(墓所)や、義経が首実検の際に腰掛けたと伝わる松の木など、「源平ゆかりのスポット」が盛りだくさんのお寺です。

須磨寺

また、先にご紹介した須磨浦公園にも、「敦盛塚」と呼ばれる五輪塔があります。

この敦盛塚も、平敦盛の墓所。なんで敦盛のお墓が2つもあるの?とお思いの方、なかなか鋭いですね。


須磨浦公園の敦盛塚は、一騎打ちで敗れた平敦盛の胴体を弔うために建てられたと言われています。

もしそうであれば、この場所が、一騎打ちの場所であった可能性が高いです。


一方、名のある武将の首は、普通は、本陣へ送られて首実検にかけられます。

敦盛の首は須磨寺の義経本陣で実検されたため、ここに首塚が作られたのでしょう。

敦盛塚

「海と砂浜」だけでなく「山」も楽しめる景勝地、須磨。

さらに「源平の史跡」を巡ることで、この街の違った一面を感じ取ることができます。

須磨の街歩きが一層充実したものとなることでしょう。

スポンサードリンク

スポット情報

<神戸市立須磨海浜水族園>

住所 兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3
最寄り駅 JR須磨海浜公園駅から徒歩5分
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 冬期(12月~2月)の毎週水曜日
入園料 大人1300円 中人800円 小人500円 幼児無料
ホームページ 神戸市立須磨海浜水族園

<須磨浦公園>

住所 神戸市須磨区一ノ谷町
最寄り駅 山陽電鉄須磨浦公園駅から徒歩すぐ
JR須磨駅から徒歩15分
ホームページ 神戸の公園ナビ(須磨浦公園)
備考 園内散策自由

<須磨浦山上遊園>

住所 神戸市須磨区一ノ谷町5丁目3番2号
最寄り駅 山陽電鉄須磨浦公園駅からロープウェイ乗り場まですぐ
営業時間 午前10時~午後6時(4月~10月)
(閉園時間は季節によって異なる)
定休日 毎週火曜日(夏休み期間中は営業)
ホームページ 須磨浦山上遊園

<須磨寺>

住所 神戸市須磨区須磨寺町4丁目6-8
最寄り駅 山陽電鉄須磨寺駅から徒歩5分
JR須磨駅から徒歩12分
定休日 年中無休
拝観時間 午前8時~午後5時 拝観無料
ホームページ 須磨寺ホームページ

関連地図

スポンサードリンク

  • 新規会員登録
  • 散策コース紹介
  • つれづれ関西街歩き
  • お役立ち情報