関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

飛鳥の石造物 「謎の石」を探しながら、古代の都・飛鳥を一巡り!

散策コース:飛鳥)

古代に都が置かれ、遺跡や古墳、古寺などの名所も多い飛鳥

この飛鳥は、また、大小さまざまな石造物が残されていることでも知られます。


のどかな飛鳥の風景にすっかり溶け込んでいる石たち。

しかし、その多くは、一体何のために作られたのかなど不明な点が多い「謎の石」です。

今回は、飛鳥へお出かけの際に探してみたい、ミステリアスな石造物をご紹介いたしましょう。


飛鳥の人気No.1石造物、亀石

サルとも人ともつかぬ奇怪な顔、猿石

古代の宮廷設備?酒船石遺跡

他にもいろいろ、謎の石造物

飛鳥の石造物が一堂に会する資料館


スポンサードリンク

のどかな飛鳥の風景

飛鳥の人気No.1石造物、亀石

亀石は、その名の通り、亀の形をした大きな石。

飛鳥を東西に横切る道の横に、たたずむように置かれています。

ひなたぼっこをしているときのような、気持ちよさげな顔は、愛嬌たっぷり。

数々の石造物の中でも人気No.1。飛鳥のマスコット的な存在です。


何で亀そっくりのこんな大きな石があるのか未だ謎ですが、いくつか説があります。

その1つが、この近辺の川原寺の所領の隅を示す「目印」であった、というもの。

大きな建物もなかった当時、この亀石の大きさなら、遠くからでも簡単に見つけられたことでしょう。

「ここからはうちの土地なんやで~」とアピールする効果は絶大ですね。

亀石

サルとも人ともつかぬ奇怪な顔、猿石

猿石も古くから知られる石造物で、亀石と並んで高い知名度を誇ります。

欽明天皇陵の近くの、吉備姫王(きびひめのみこと)の墓の中に並べられています。

もとは、欽明天皇陵近くの田んぼで発見されたのですが、いつの頃からか、吉備姫王墓内に置かれるようになりました。

(注)吉備姫王墓は立入禁止。ただし、猿石は柵の近くに置かれており、柵越しに見ることはできます。

猿石(女・山王権現)

ここにある猿石は全部で4体。

それぞれ、かなり奇怪な顔をしていますが、サルというよりも人の顔に近いです。


4体は姿形や仕草が異なり、「男」「女」「僧」「山王権現」といった呼び名が付いています。

これらの猿石も、作られた年代も目的もよくわかっていない、全く謎の石。

渡来人を彫ったものという説もありますが、定かではありません。

猿石(僧・男)

古代の宮廷設備?酒船石遺跡

飛鳥寺の南東にあって、古くから知られた酒船石。

また、近年、この酒船石の周囲では、新しい遺跡も見つかっています。

酒船石とその周辺遺跡は、まとめて「酒船石遺跡」と呼ばれています。


酒船石は、小高い丘の上に置かれています。

丘の麓から階段を少し登ると、突如出現する、平ぺったい大石。

石の表面には、お皿の形をしたいくつものくぼみと、くぼみをつなぐ溝が掘られています。

なんとも奇妙な模様で、古代人の象形文字のようにも見えます。


表面のくぼみや溝は、水などを流すためのものと推定されています。

昔はお酒を絞るための施設と考えられたことから、「酒船石」と呼ばれるようになりました。

ただ、最近では、庭園や儀式で宮廷に水を引きいれる設備という説が有力です。

酒船石

酒船石の少し北にある、亀形・小判形石造物も要チェック。

2000年の大規模な発掘で発見されました。

こちらも、おそらくは水を引き入れる設備。宮廷の祭祀(さいし)で使われたとも考えられています。

亀形・小判形石造物

他にもいろいろ、謎の石造物

上でご紹介した以外にも、飛鳥にはさまざまな「謎の石造物」が存在します。

飛鳥中をくまなく歩いて探し回ってみましょう。

全部見つけることができるかな?


<鬼の雪隠・鬼の俎>

天武・持統天皇陵の近くにある2つの巨石。

もとは古墳の石室で、その一部が割れて転がったものと考えられています。

鬼の雪隠
鬼の俎

<二面石>

橘寺の境内にある、左右2つの顔を持つ奇妙な石。

二面は、人間の心の中にある「善」と「悪」を示すと言われています。

二面石

<弥勒石>

飛鳥川沿いに立つ小さな祠に祀られた、頭と体だけの人型の石。

口がわずかにわかる程度の「のっぺり顔」ですが、どこか愛嬌も感じられます。

弥勒石

<入鹿首塚>

これは別に「謎の石」ではないのですが、”石つながり”でご紹介。

飛鳥寺の裏にポツンと置かれた、蘇我入鹿の供養塔です。

乙巳の変(大化の改新)で蘇我入鹿が中大兄皇子に誅殺されたときに、その首がここまで飛んできた、という伝説があります。

弥勒石

飛鳥の石造物が一堂に会する資料館

石造物は見たいけれど、広い飛鳥を全部巡るのは無理!という方におすすめなのが、飛鳥資料館


飛鳥資料館は、奈良文化財研究所の附属施設です。

ここには、飛鳥のほぼ全ての石造物(実物またはレプリカ)が勢揃い。

飛鳥資料館 title=

例えば、石人像(下の写真左)と須弥山石(同右)。

ともに甘樫丘北東の石神遺跡から出土した「本物」です。

水を吹き出す口などがあることから、噴水施設と考えられています。

石人像と須弥山石は、ともに国の重要文化財に指定されています。

石人像と須弥山石

資料館前の庭園には、亀石猿石など有名石造物の精巧なレプリカが、あちこちに置かれています。

庭園に入るだけなら入場無料。

「実物」を見たことのある、という方もぜひ訪れてみてください。

レプリカならではのメリットもあります。


例えば、猿石には裏側にも顔が彫られているものがあります。

しかし、猿石の実物はお墓の中にあるために、裏側の顔を見ることはできません。

でもここでは、近くから眺めることができ、裏の顔も確認できますよ。

飛鳥資料館庭園の猿石(レプリカ)

のどかな風景が広がる飛鳥。

その各地に散らばる「謎の石」。

飛鳥の古墳や古寺、遺跡を巡るついでに、石造物探しも楽しんでみませんか。


一体何のための石なんだろう?

そう考えながら散策するうちに、古代ロマンあふれる飛鳥の魅力に「どっぷり」はまること間違いなし。

スポンサードリンク

スポット情報

<亀石>

住所 奈良県高市郡明日香村川原108
最寄り駅 近鉄飛鳥駅から徒歩20分
周遊バス(赤かめ)利用の場合、野口下車徒歩3分
備考 見学自由


<猿石>

住所 奈良県高市郡明日香村平田
最寄り駅 近鉄飛鳥駅から徒歩7分
備考 吉備姫王墓内の入場は不可
(正面柵の外から猿石見学可能)


<酒船石・亀形石造物>

住所 奈良県高市郡明日香村村岡
最寄り駅 近鉄橿原神宮前駅または飛鳥駅から徒歩40分
周遊バス(赤かめ)利用の場合、万葉文化館西口下車すぐ
観覧時間(亀形石造物) 午前9時~午後5時
観覧料(亀形石造物) 大人300円 小中学生100円
備考 酒船石は見学自由


<飛鳥資料館>

住所 奈良県高市郡明日香村奥山601
最寄り駅 近鉄橿原神宮前駅から徒歩30分
周遊バス(赤かめ)利用の場合、飛鳥資料館前下車すぐ
観覧時間 午前9時~午後4時半
休館日 月曜日(祝日の場合は開館、翌日閉館) 年末年始
観覧料 大人270円 大学生120円 高校生以下は無料
(資料館外の庭園は、無料で観覧できます)
ホームページ 飛鳥資料館ホームページ

関連地図

関連スポット、近隣スポットのご紹介

石舞台古墳

石舞台古墳

巨大な石組みが露出した特異な外観の古墳

スポンサードリンク

  • 新規会員登録
  • 散策コース紹介
  • つれづれ関西街歩き
  • お役立ち情報