関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

京都タワー ここから市内の名所を一望!京都駅前にそびえ立つ白い塔身のランドマーク

(散策コース:京都(1))

日本有数の観光地、京都の玄関口は京都駅。

この京都駅に降り立った観光客の視界に真っ先に入ってくるのが、駅の北側にそびえ立つ京都タワーです。


今回ご紹介するのは、この京都タワー。

「戦後生まれ」の新しい建築物でありながらも、今では、古都・京都を代表する名所の1つとなりました。


高さは京都市街で一番!白きランドマーク

夜の街に浮かぶその姿はまるで「ろうそく」

展望台から市内の主要スポットを一望!

京都タワー

高さは京都市街で一番!白きランドマーク

京都駅北側、真正面に見える京都タワー。

白いスラッとした塔身が美しいこの展望塔は、今では、京都を代表する名所の1つ。

京都の「ランドマークタワー」としては、駅の南側に立つ、黒い東寺五重塔と双璧です。


この塔が建てられたのは、前回の東京オリンピックが開催された1964年(昭和39年)。

日本全国のさまざまな有名タワーの中でも、京都タワーは「老舗」の部類に入ります。

駅前に立つ京都タワー

京都タワーの高さは131m

近年人気の東京スカイツリーやあべのハルカスと比べると、かなり低く感じられるかも。

しかし、景観保護のための高さ制限がある京都では、京都タワーは、今でも市街で最も高い建物です。


この京都タワーは、京都市内のさまざまな場所から見ることができます。

京都一という高さだけでなく、その白さも塔をよく目立たせている重要な要素。

例えば、京都駅から結構距離が離れた清水寺の近くからも、京都タワーが小さく見えますよ。

清水寺周辺から京都タワーを望む

夜の街に浮かぶその姿はまるで「ろうそく」

また、京都タワーの白く長い塔身は、夜景で見事に映えます。

夜の京都にお出かけ、あるいは、宿泊する機会があれば、京都駅の方向を眺めてみましょう。

京都の夜景の中に浮かぶその姿は、まるで「ろうそく」のよう。


とは言いましたが、実際には、京都タワーはろうそくをイメージしたものではないそう。

ご存じの通り、山に囲まれた京都には海がありません。

そこで、その海のない京都を照らす「灯台」をイメージして京都タワーが作られたとのこと。


改めて京都の夜景を眺めてみましょう。

これまでの「ろうそく」の印象が変わりませんか?

夜景と京都タワー

展望台から市内の主要スポットを一望!

さて、数多い京都の観光スポットの中でも、知名度は抜群の京都タワー。

しかし、知名度の割には、中に入ったことがある人は少ないという、ちょっと残念な塔。


京都駅の真ん前という「スタート地点」にあるため、逆に素通りされてしまうのか。

はたまた、古風な神社仏閣が目的の方には、近代的なタワーは眼中に入らないのか。


せっかくですから、京都へお出かけの際には、タワーを外から見るだけでなく中にも入ってみませんか?

京都観光のスタート前、あるいは、一通り街歩きを終えて駅に戻る直前にでも、ちょっと寄り道してみましょう。


京都一の高さを誇る京都タワー。地上100mの位置にドーナツ型の展望台があります。

この展望台は、市内の景色を360度ぐるりと眺めることができる、京都でも唯一の場所。

ここからは京都の有名な神社仏閣を一望できます。

京都タワー展望台

北側を見れば、目の前に、それぞれ大伽藍を構える東本願寺西本願寺

また、西に目を向ければ、京都鉄道博物館梅小路機関車庫が見えます。

目の前の東本願寺

一方、南側には、京都駅ビルを挟んで向こう側に東寺の五重塔。

東も眺めてみましょう。遠く先に、清水寺が見えるでしょうか。

遠くの名所を探したいときには、展望室備え付けの望遠鏡(無料)が便利です。

駅ビル向こうの東寺

なお、京都タワーにもマスコットキャラクター(いわゆる、ゆるキャラ)がいます。

その名は、「たわわちゃん」。展望台にやってくることもあります。

京都タワーへお出かけするなら、たわわちゃん登場日時も要チェック(通常、土・日・祝日の午後)。


また、展望台の一角には、一風変わった神社あり。

こちらは、たわわちゃん神社

鳥居の向こうに鎮座するご神体は、光り輝く金色のたわわちゃんです。


この神社の御利益は「御縁成就」。恋愛はもちろん、さまざまな「縁結び」の手助けをしてくれます。

話のネタにもなることですし、気軽に参拝してみましょう。

たわわちゃん神社

スポット情報

<京都タワー>

住所 京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
最寄り駅 (JR・近鉄)京都駅から徒歩5分
営業時間 午前9時~午後9時 年中無休
入場料 大人770円 高校生620円
小・中学生520円 幼児(3歳以上)150円
ホームページ 京都タワーオフィシャルサイト

関連地図

関連スポット、近隣スポットのご紹介

東寺

東寺

平安の「スーパースター」弘法大師も住まいを構えた、洛南の名刹

西本願寺

西本願寺

参拝者を圧倒する、巨大で豪壮な阿弥陀堂と御影堂

東本願寺

幕末の「どんどん焼け」から復活した「お東さん」

  • 新規会員登録
  • 散策コース紹介
  • つれづれ関西街歩き
  • お役立ち情報