関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

湊川神社 ここは大楠公最後の地、「正成公スポット」が残る神戸の名社

散策コース:神戸(1))

JR神戸駅の少し北に鎮座する湊川神社は、神戸を代表する神社の1つ。

この神社が建つ所は、実は「大楠公」楠木正成公が最後を遂げた場所。

そして、湊川神社には正成公がお祀りされています。


「楠公(なんこう)さん」という愛称でも親しまれる神戸の名社、湊川神社をご紹介します。


楠木正成公とはどんな武将?

正成公最後の地に創建された湊川神社

境内の「正成公スポット」めぐり


湊川神社

スポンサードリンク

楠木正成公とはどんな武将?

楠木正成公は、河内国(現在の大阪府東部)の武士。

鎌倉時代末期、幕府打倒を目指す後醍醐天皇の下に馳せ参じ、幕府の大軍を相手に大活躍しました。


太平記にも描かれる、赤坂城の戦いや千早城の戦いが特に有名です。

「ちっぽけな小城」と侮る幕府軍に対し、上から巨木や大石、熱湯などを次々浴びせるなどして翻弄。

何十倍もの兵数で押し寄せる幕府軍の攻撃をしのぎました。

千早城跡

しかし、倒幕戦ではともに戦った足利尊氏が、その後、後醍醐天皇の元から離反して敵対。

尊氏は、九州で勢力を整え、京へ攻め上ってきます。


後醍醐天皇に忠誠を誓う楠木正成公は、この湊川の地で尊氏の大軍を迎え撃ちます。

しかし、兵数で大きく劣る楠木軍は、孤軍奮闘の末、敗退。

敗れた正成公は、この地で、弟の正季公と刺し違えて自刃したと伝えられています。


なお、敵である足利尊氏は、正成公の人柄と秀でた軍略を認めていたとされ、その首を河内の一族の元へ送り返したと言われています。

河内長野の観心寺の境内には、楠木正成公の首塚が今も残ります。

楠木正成首塚(観心寺)

また、湊川神社の境内に立つ「大楠公御一代記」には、楠木正成公の生涯が絵入りでわかりやすく説明されています。

参拝の折にはぜひご覧になってください。正成公という人物への理解が深まります。

正成公御一代記

正成公最後の地に創建された湊川神社

さて、楠木正成公の死後、室町~江戸時代まで武士の時代が続きましたが、江戸時代の中期頃から、正成公の評価が急上昇します。

その大きな理由は徳川光圀公による「楠公墓碑」の建碑と「太平記読み」です。


また、後醍醐天皇への忠誠を尽くした正成公は、尊皇の象徴として、倒幕運動に奔走した全国の志士たちから熱烈に崇拝されました。


この「フィーバー」は江戸幕府が倒れた後も継続。

明治陛下の御沙汰によって、戦没地であるこの湊川の地に、楠木正成公を祀る神社が創建されました。

これが湊川神社です。

湊川神社境内

では、現在の湊川神社についてご紹介していきましょう。

大きな表門をくぐった先に広がる境内、まっすぐ奥へのびる参道の先に立派な建物が立っています。


これは、奥の本殿と手前の拝殿とが一体となった社殿。

「八棟造り」とも呼ばれる珍しい構造の建物です。


奥の本殿中央に祀られるのは、主祭神の楠木正成公。

また、正成公夫人や弟の楠木正季公など、楠木一族も一緒に祀られています。

湊川神社社殿

境内の「正成公スポット」めぐり

楠木正成公最後の地である、この湊川神社の境内、今も正成公ゆかりのスポットがあります。

ご本殿での参拝を終えたら、境内をぐるり散策しながら「正成公スポット」をめぐってみましょう。


<戦没地(殉節地)>

湊川の戦いで足利尊氏に敗れた楠木正成公が、弟・正季公とともに自刃したとされる場所です。

境内の中でも社殿左奥のちょっと目立たないところ、木々が生い茂る中にひっそりと残ります。

その存在を知らないと見落としてしまいそうです。

楠木正成公戦没地

<墓所>

湊川神社の境内には、正成公の墓所もあります。

神社表門のすぐ右にある墓所は、静寂で厳かさも感じられる空間。

ここに、大きな墓碑が立っています。


この墓碑は、「水戸黄門」の通称で知られる水戸藩二代藩主、徳川(水戸)光圀公によって建立されたもの。

また、墓碑に刻まれている「嗚呼忠臣楠子之墓」の八文字、これは光圀公自らの揮毫(きごう)です。

楠木正成公墓所

水戸藩は、徳川御三家の一。

その当主である水戸光圀公は、朱子学、国学、崎門学、神道などから影響を受け、水戸藩は国家観の中で、尊王敬幕、尊王攘夷という思想を発展させました。


そのため、天皇を敬う気持ちは強く、後醍醐天皇に忠義を尽くした楠木正成公にも、格別な畏敬の念を持っていました。

正成公の墓碑建立には、このような背景があります。

水戸光圀公の像

この湊川の地で、足利尊氏の大軍を迎え撃った楠木正成公。

過去には味方でもあった好敵手と、改めて矛を交えるときの心境は、どのようなものだったのでしょう。

湊川神社の静かな境内、戦が行われた当時を思い浮かべながら、正成公ゆかりの史跡を巡ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポット情報

<湊川神社>

所在地 神戸市中央区多聞通3-1-1
最寄り駅 (阪急・阪神)高速神戸駅から徒歩すぐ
(JR)神戸駅から徒歩3分
宝物殿情報 (拝観料)大人300円 高大生200円 小中学生100円
(拝観時間)午前9時半~午後4時半
(休館日)毎週木曜日
ホームページ 湊川神社ホームページ

関連地図

関連スポット、近隣スポットのご紹介

神戸ベイエリア

神戸ベイエリア

海の「青」、ポートタワーの「赤」、メリケンパークの「白」、トリコロールが見事!

南京町

南京町

エネルギッシュな中華街で、「ほかほか」点心の食べ歩きを楽しもう!

神戸旧居留地

神戸旧居留地

石積みの重厚なビルに軽やかな洋館、個性的な近代建築が集う「レトロな街」

観心寺

観心寺

国宝金堂の他にも見どころたくさん!楠木正成ゆかりの奥河内の古刹

スポンサードリンク

  • 新規会員登録
  • 散策コース紹介
  • つれづれ関西街歩き
  • お役立ち情報