関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

大阪城公園(2) 圧倒的な存在感を誇る、城内の巨石たち

散策コース:大阪(1))

大坂城といえば、豊臣秀吉が築城したお城と知られ、一般には、豊臣家のお城というイメージが強いです。

しかし、前回コラム(大阪城公園(1))でもご説明しましたように、現在、大阪城公園に残るお城の遺構の大部分は、豊臣家の大坂城ではなく、徳川時代に再建された二代目大坂城のものです。

徳川幕府が豊臣家を滅ぼした大坂の陣の終結後、秀吉の初代大坂城は徳川家によって徹底的に壊されました。

その後、豊臣家の城跡の上に、徳川家の手によって新たな大坂城が再建されたのです。


天下普請で蘇った大坂城

城内に点在する巨石たち

こんな大きな石をどこから持ってきた?


スポンサードリンク

大阪城公園

天下普請で蘇った大坂城

大坂城の再建工事は、徳川幕府成立後の一大プロジェクト。

といっても、徳川家が自ら汗を流して建てたのではありません。

各地の有力大名を動員し、人とお金を出させて代わりに作らせたのです。

幕府が主導したこのような大規模工事は、「天下普請」と呼ばれます。


なお、江戸時代初期には、天下普請が盛んに行われました。

天下普請で建てられたお城としては、この再建大坂城の他、徳川将軍の江戸城や、徳川御三家の一、尾張藩の名古屋城が知られます。

この頃は、徳川幕府の基盤は十分に固まったとはまだ言いがたい時期。

一方で、西国(中国、四国、九州)には力を蓄えた外様大名がたくさんいました。

天下普請には、有力な外様大名に金を使わせて、その力を削ぐという意味合いもあったのです。


城内に点在する巨石たち

ところで、今の大阪城公園を散策していると、あちこちに、とてつもなく大きな石があることに気づかれることと思います。

その多くは、大手口周辺など、人目につくところに置かれています。


これらの巨石は、天下普請による大坂城再建時に運び込まれたもの。

城主や権力者の威厳を高めるなどの目的で設置される、いわゆる鏡石です。

城内の特に目立つところに鏡石を置くことは、大坂城に限らず他の城でもよく行われたことで、特に珍しいことではありません。

しかし、この大坂城の巨石は、どれもこれも、他の城と比較にならないほど「どでかい」のが特徴です。


では、現在の大阪城公園に残る巨石のうち、代表的なものをいくつかご紹介しましょう。


<大手口周辺>

まずは、大手口周辺。大手門の一の門をくぐった先の「大手口枡形」と呼ばれる広場の中の石垣に、3つの巨石が並びます。

大手見付石(大きさは城内第4位)、大手二番石(同5位)、大手三番石(同8位)です。

大手口枡形の巨石

<本丸>

二の丸南部から桜門をくぐって本丸に入った直後、正面の石垣に壁のようにそそり立つ巨石があります。

これが蛸石。城内で最も大きな石です。

石の一部分に”タコ”のようにも見えるシミがあることから、このように呼ばれています。

なお、蛸石の横には、振袖石(城内第3位)という巨石もあります。

蛸石

<京橋口周辺>

二の丸北西、京橋口の正面石垣にも巨石があります。

こちらは肥後石。蛸石に次ぐ城内第2位の大きさを誇ります。

肥後熊本城主、肥後守加藤清正が運んできたと伝えられたためにこのように呼ばれるようになりました。

ただし、この石を実際に運んだのは備前国岡山藩の池田家。「備前石」と呼ばれるべきでした。

京橋口の肥後石

こんな大きな石をどこから持ってきた?

上の写真でもおわかりになるかと思いますが、石の大きさは、石垣の石をちょっと大きくした程度のものではありません。

1つの石の面積が畳何十畳分という大きさで、重量は100トン前後、高さは人の背の倍以上あるものもあります。

これほどの巨石を大坂に集めた理由の1つには、豊臣びいきの大坂の民衆に、「徳川家は、大名をこき使って日本全国からこんな巨石をいとも簡単に集められるんだぞ!」と威光を示す目的もあったのかもしれません。

しかし、こんな大きな石をどこからどうやって持ってきたのでしょう。


まず、大坂城の再建で使われた石は、天下普請に駆り出されたそれぞれの大名が持ち寄りました。

採石場からの運搬も自分たちで行う必要がありました。

トラックやクレーンがない当時、石垣に使うような石でも遠方から運ぶのはなかなか大変です。

実際、初代の大坂城築城、あるいは、二代目の大坂城再建の際に、運搬途中に落下してそのままそこに放置されたとされる「残念石」は、例えば通天閣の前など、今でも大阪の各地で見かけます。

通天閣前の残念石

さらに、上でご紹介したような巨石となると、より一層、難易度があがります。

巨石の多くは、岡山藩の池田家と熊本藩の細川家の2家によって、切り出しや運搬がなされました。

切り出しが行われたのは、主に四国や瀬戸内海の島。

また、切り出した巨石の運搬については、船を使って大坂まで運んだというのが通説です。


しかし、そうだとしても、こんな大きな石、陸上の切り出し場所から港まで運ぶだけでも大変です。

また、港で100トンもの重さの巨石を普通に船に積んだら船の方が沈んでしまうかも?

この辺については諸説ありますが、まだまだ解明されていないのが実情で、今後の調査が待たれるところです。


巨石の大きさが畳何十畳分といっても、数字で聞くだけではなかなかイメージしにくいと思います。

「百聞は一見に如かず」のことわざ通り、人から聞くのと実際に自分の目で見るのとは大違い。

圧倒的な存在感を誇る巨石を実際に眺めながら、いろいろと想像してみるのも楽しいですよ。

スポンサードリンク

スポット情報

<大阪城公園>

住所 大阪市中央区大阪城1-1
最寄り駅 大手門から入城する場合は、谷町四丁目駅または天満橋駅の利用が便利。

(地下鉄)谷町四丁目駅から大手口まで徒歩10分
(京阪・地下鉄)天満橋駅から大手口まで徒歩15分
(JR)大阪城公園駅から青屋口まで徒歩15分
(JR)森ノ宮駅から玉造口まで徒歩10分
天守閣 (開館時間)午前9時~午後5時(桜の季節、GWや夏休みは時間延長)

(休館日)年末年始(12/28~1/1)

(入館料)大人(高校生以上)600円 中学生以下は無料
西の丸庭園 (利用時間)午前9時~午後5時(3月~10月) 午前9時~午後4時半(11月~2月)

(定休日)月曜日(月曜が祝日の場合は翌日) 年末年始(12/28~1/1)

(入場料)大人(高校生以上)200円 中学生以下、および、大阪市内在住の65歳以上の方は無料
ホームページ 大阪城パークセンター
大阪城天守閣

関連地図

関連スポット、近隣スポットのご紹介

大阪城公園(1)

大阪城公園(1)

豊臣家を象徴するお城に残る、徳川時代の遺構

天王寺

天王寺

大阪市民に親しまれる憩いの場は、昔の真田幸村奮戦の地

難波宮跡

難波宮跡

大阪城のすぐ近くに眠っていた古の「首都」

スポンサードリンク

  • 新規会員登録
  • 散策コース紹介
  • つれづれ関西街歩き
  • お役立ち情報