関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

金剛寺 閑静で心安らぐ境内に残る、鎌倉時代「そのまま」の伽藍

散策コース:河内長野)

今回ご紹介するのは金剛寺

「文化財の街」河内長野の中で、観心寺と並び、長い歴史を誇る名刹です。


山々に囲まれたこのお寺の境内は、閑静で落ち着いた雰囲気。

その中に残るは、鎌倉時代からほとんど変わらない伽藍と国宝の三尊像。


心安らぐ金剛寺の境内、貴重な伽藍を中心に見どころをご紹介していきます。


山に囲まれた南朝ゆかりの名刹

豪壮な楼門先に残る「鎌倉そのまま」の伽藍

こちらもお見逃しなく!心安らぐ枯山水庭園


金剛寺

スポンサードリンク

山に囲まれた南朝ゆかりの名刹

奈良時代天平年間、聖武天皇の勅願・行基の開基と伝わる、歴史ある金剛寺。

現在は、真言宗御室派の大本山です。


この金剛寺では、平安時代末期~鎌倉時代にかけて大規模な伽藍の造営が行われました。

長い歴史の中で、幸いにも大きな焼失を受けず、鎌倉以降の主要伽藍がほぼそのまま残ります。

建築物だけでなく、仏像なども数多く残る、文化財の宝庫。

山に囲まれた閑静な境内は、「名刹」の雰囲気満載です。


また、歴史的には、鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇やその後継皇統の南朝とのゆかりが深いお寺です。

特に、南朝二代の後村上天皇行宮(仮宮)を置いたことで知られます。

金剛寺の境内風景

豪壮な楼門先に残る「鎌倉そのまま」の伽藍

金剛寺の見どころの1つは、鎌倉時代からほぼ変わらない伽藍。

金堂、多宝塔、楼門など、平安時代末期~鎌倉時代に建てられた建築物が数多く残ります。


まずは、金剛寺の境内でひときわ目立つ赤い楼門(国重要文化財)。

見る人を圧倒する「ビッグサイズ」のこの門は、金剛寺のシンボル的な存在です。


楼門入口の左右に立つのは、四天王のうちの二天、持国天増長天

いかつい表情に鋭い眼光の二天。

ただし、それは仏敵からお寺を守るため。参拝する人をおどかそうとして立っている訳ではありません。

楼門

楼門を抜けた先、山を背にした閑静な空間には圧倒的な存在感を誇る、金剛寺の主要伽藍。

鎌倉時代から変わらないその配置、南朝の後村上天皇もこの景色を眺めたのでしょうか。


なお、伽藍の中の金堂・多宝塔・鐘楼については、長年にわたって解体修理が行われていましたが、それもようやく完了。

平成30年3月には落慶法要が営まれています。


伽藍全景

伽藍の中心は、楼門入って右手奥、どっしりと座る金堂(国重要文化財)。

このほど解体修理を終えたNew金堂、柱など鮮やかな朱色に塗り直され、装い一新!


金堂の内陣に祀られているのは、三体の仏さま。

中央にご本尊の大日如来、向かって右に不動明王、左に隆三世明王。すべて国宝です。


三尊ともかなり大きいですね。中央の大日如来に至っては像高3mを超えます。

お堂の中は少し暗いですが、それでも三尊のお姿、表情はよくわかります。

金堂

金堂の横に立つのは多宝塔(国重要文化財)。下が四角、上が円形の二層の塔です。

この多宝塔も金堂と同時期に解体修理が行われました。

生まれ変わった美しい姿を眺めることができます。


なお、多宝塔は、特に真言宗系の寺院に多く見られる仏塔。

その中でも、金剛寺の多宝塔は、石山寺の多宝塔と並び、日本最古の部類に入ります。

多宝塔

金堂の手前に立つのは、食堂(国重要文化財)。

一般に、食堂は、お寺のお坊さんたちが食事をする建物ですが、金剛寺の食堂は少々「特殊」です。


南北朝時代、南朝の後村上天皇が金剛寺に行宮を置いた際に、「正庁」としたのがこの食堂。

北朝との対立が続く時期。

あれこれと頭を悩ましながら、ここで、味方へのお手紙を書いたりしたのかも?。

食堂

金堂の背後には、薬師堂、五仏堂、御影堂という3つのお堂が軒を連ねるように並んでいます。

その中での注目は、御影堂(国重要文化財)。


一般に、御影堂とは宗祖の御影を祀るお堂のこと。

金剛寺の御影堂には、真言宗の宗祖、弘法大師空海の御影が祀られています。

御影堂

御影堂の東の端には何やら見晴らし台のようなものが突き出しています。

これは観月亭。名前からも推測がつきますが、月見をするための場所です。


なぜ、そんな風流なものがお寺にあるのかというと、それはやっぱり南朝の行宮があったから。

後村上天皇もここでお月見を楽しまれたそうですよ。

観月亭

心安らぐ閑静な枯山水庭園

金剛寺には、伽藍の他に、もう1つ、ぜひとも訪れておきたい場所があります。

それは本坊の奥に広がる美しい日本庭園


松や紅葉などの高木、美しく刈り込まれた低木、そして、地面に広がる深緑の苔。

ただ、川や池、滝などの「水の風景」はありません。

そう、この庭園は水を使わずに景色を表現する枯山水の庭園です。


といっても、草木がふんだんに使われているこのお庭は、白砂と石組だけの禅寺の枯山水とはかなり違った雰囲気。

鳥の鳴き声や虫の声だけが聞こえる静寂の中、自然色豊かな庭を眺めていると、心が安らいできます。

金剛寺庭園

庭園の奥には、やや大きな建物が立っています。

これは奥殿。北朝の上皇が一時期暮らした場所であり、北朝御座所とも呼ばれます。


南朝と北朝、2つの皇統が並立した南北朝時代のある時期、京で事件が起こりました。

北朝の皇族(三上皇と一親王)が、京を制圧した南朝勢力によって身柄を拘束されたのです。

捕らえられた北朝の上皇方は、南朝の拠点であった金剛寺へ送られ、この奥殿に軟禁されました。


一方で、先ほどもお話ししましたが、その時期に、南朝の後村上天皇もここに行宮を置きます。

そのため、対立する南朝の天皇と北朝の上皇が、同じ時期に同じ場所で暮らすことに。

歴史小説の作り話とかに出てきそうなお話ですが、これは事実。「事実は小説よりも奇なり」です。


北朝御座所は、なんとも不思議な歴史のいたずらを感じさせてくれる場所。

建物内には、北朝の上皇方が暮らした部屋が今も残されています。

北朝御座所

鎌倉時代の伽藍配置がそのまま残る、文化財の宝庫、金剛寺。

山に囲まれたその境内は閑静で趣があり、名刹の雰囲気満載の心安らぐ空間。

河内長野へお出かけの折には、ぜひとも参拝をおすすめしたいお寺さんです。

スポンサードリンク

スポット情報

<金剛寺>

住所 大阪府河内長野市天野町996
最寄り駅 (南海・近鉄)河内長野駅から南海バス(約16分)
天野山バス停下車、徒歩すぐ
拝観時間 午前9時~午後4時30分
拝観料 (伽藍)200円 (本坊・庭園)400円
(伽藍・庭園共通券)500円
ホームページ 天野山金剛寺

関連地図

関連スポット、近隣スポットのご紹介

河内長野

河内長野

山に囲まれた地なれど交通至便、府内第二位の保有数を誇る「文化財の街」

観心寺

観心寺

国宝金堂の他にも見どころたくさん!楠木正成ゆかりの奥河内の古刹

スポンサードリンク

  • 新規会員登録
  • 散策コース紹介
  • つれづれ関西街歩き
  • お役立ち情報