関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

街歩きに関する注意事項

スタート地点とゴール地点

スタート・ゴール設定の基本

スタート地点:散策コースのエリアを訪れた際の、公共交通機関の最初の下車駅

ゴール地点:エリアから去る際の、公共交通機関の乗車駅


ただ、堅苦しく考える必要はありません。

コースエリアから遠く離れた地点でなければ問題ございません。

例えば、京都市内のコースであれば、スタート・ゴールとも「京都駅」でOK。


バスご利用の場合

バス停をスタート地点、あるいは、ゴール地点とすることもできます。


車ご利用の場合

マイカーやタクシーなど車をご利用の場合、鉄道の駅を訪れないケースも多いです。

その場合は、コース内の有名な施設・スポットを、スタート地点・ゴール地点としてください。

(例)市役所、観光スポット、ショッピングセンター、主要交差点など

コースクリアの判定

街歩きの内容を報告いただくと、その内容に応じて街歩きポイントが付与されます。

ただし、次のコースクリア条件を満たしていない場合はポイントは付与されません。


コースクリア条件

少なくとも1つのチェックスポットについてスポット到達が認定されること


<チェックスポット到達認定条件>

次の2つの条件をともに満たすことが必要です。


・訪れたスポットが、過去1年間にポイントを付与されたスポットではないこと
(「同一コースでの街歩きの繰り返し」参照)

・訪れたスポットについて設定された3択クイズに正答すること
(「チェックスポットのクイズ」参照)


つまり、クイズの回答がすべて間違っている、あるいは、すべて過去1年間にポイントが付与されたスポットである場合には、コースクリアは認められず、ポイントは付与されません

チェックスポットのクイズ

チェックスポットにはクイズが設定されています。

このクイズに正答した場合に、そのスポットへの到達を認定いたします。


クイズの多くは、じっくり回って調べればわかるものになっています。

ただし、どうしてもクイズの答えがわからかった場合には、散策報告にて、以下の内容をご連絡ください。


(1)クイズの3択の中から、これかな?と思う答えを1つ選ぶ。

(2)散策報告ページの一番下「ご意見・ご感想」欄にて、答えがわからなかったスポット名と、その理由やスポットを訪れたときの状況などを記入。
(例)「工事中で中に入れなかった」「クイズの対象としている物や場所がわからなかった」など


この場合は、回答が間違っていた場合でも、ご連絡内容に基づき、スポット到達を認定する場合がございます。

なお、「ご意見」の欄に記載したからといって、必ず認定されるわけではありません。あらかじめご了承ください。

複数コースにまたがった街歩き

1つの散策コースの街歩きの際に、隣接する別のコースのスポットにも訪れることもあるかと思います。

その場合は、別の散策コースについても散策報告を行っていただければ、そちらについてもポイントを付与いたします。


つまり、同日に2つの散策コースの街歩きを行ったということになりますね。

ただし、次の例のように、「コースクリアのポイント」と「歩数に応じたポイント」は、1つの散策報告に対してのみ付与される点にはご注意ください。


ポイント付与例

・同じ日に、京都(1)のチェックスポット2か所、京都(3)のチェックスポット2か所を訪問。

・総歩数は1万歩。

・京都(1)と京都(3)のそれぞれで散策報告


(1)コースクリア 50ポイント(1コース分)
(2)総歩数 100ポイント(1万歩分)
(3)チェックスポット到達 40ポイント(2コースのチェックスポット4つ分)
(合計) 190ポイント

なお、ポイントの付与規則については、ポイントのページもご確認ください。

1ヶ月に付与されるポイントの上限

1ヶ月で付与されるポイントには、上限があります。

現在の上限は1000ポイントです。


1か月の間にがんばって何度も街歩きされても、この上限以上のポイントを得ることはできませんので、ご注意ください。

また、上限となるポイント数は、今後、変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

コースの変更について

コース状況の変化などに応じて、チェックスポットの設定やクイズの内容など、散策コースを変更する場合がございます。

コース変更については、マイページのお知らせ欄に表示します。

同一コースでの街歩きの繰り返し

1つの散策コースについて、街歩きを何度行って頂いても構いません。

例えば、一度にすべてのスポットを回ることができなかった場合に、別の機会に残りのスポットを訪れることもあるでしょう。


ただし、同一スポットを短期間に何度も繰り返し訪れた場合は、ポイントを付与いたしません。

具体的には、1つのチェックスポットに対するポイント付与は、1年間に1回限り


どのスポットについても、前回のポイント付与日から1年が経過するとリセットされます。

リセット後のスポット訪問に対しては、改めてポイントを付与いたします。

虚偽報告の禁止

実際には訪れていないのに街歩きを行ったとして虚偽のご報告を行うことは、決してなさらないようにお願い申し上げます。

次のようなご報告があった場合、虚偽報告の疑いもあるとして、詳細を確認させていただく場合がございます。


(虚偽報告の疑いがあるとする例)

報告された歩数が、想定される距離に対して異常に多い場合

同一コースについて、短期間(例えば1か月)に何度も繰り返し報告がなされた場合


虚偽と判断した場合は、散策報告の内容にかかわらずポイントの付与は行いません。

また、虚偽報告が繰り返される場合は、会員資格の一時停止、全ポイントの抹消、あるいは、強制退会などの対処を行うこともありますので、ご注意ください。