関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

街歩きの留意点(持ち物編)  持っていくべきものはこれ!

前回の街歩きの服装に続き、今回は、街歩きの「持ち物」についてお話しします。


大原則は、「持ち物は必要最小限に抑える」。

荷物が重いと、それだけ体への負担が大きく、歩き始めて早々に体が疲れてしまいます。


では、街歩きでの「必需品」と、「持っていると便利なもの」とに分けて説明していきますね。

<必需品>

かばん
飲み物・食べ物
雨具
地図

<持っていると便利なもの>

カメラ
絆創膏
筆記用具
歩数計
交通系ICカード

お出かけ前に忘れずチェック!街歩きの必需品

リュック

かばん

リュックサックなど、肩に掛けられて両手をフリーにできるものが最適。


手が空いているので、歩いている途中に地図を見たり、スマートフォンで何か調べたりできます。

また、目に入ったものをカメラでとっさに写真に収めることもでき、シャッターチャンスを逃しません。


地図やスマホなど、小物を入れるだけであれば、腰周りにつけるウェストポーチもおすすめ。



飲み物・食べ物

長時間の街歩きなら、飲み物は必須。

特に、夏場には、熱中症対策の観点からも水分は欠かせません。

喉が渇く前に少しずつ水分を補給するのがポイントです。


飲み物を持っていない場合は飲み物を購入することになりますが、入手はお早めに。

場所によっては自動販売機など全くないこともありますので、駅などで購入を。

また、腰やリュックなどにペットボトルをぶらさげる、ボトルホルダがあると便利です。


飲み物の持参

一方、食べ物は必ずしも「必需品」ではありません。

ただ、自然あふれる郊外の街歩きなら、お弁当を持参して屋外で食べるのもいいですね。。


また、パンやお菓子類などの軽食があれば、散策途中で疲れたときに手軽にエネルギー補給ができます。

お昼を食べようにもお店が全くなくて困ることもありますが、お菓子類でもあれば空腹をしのげます。


ただし、チョコレート類は気温が高いと溶けてしまいます。夏場の持参は避けましょう。



雨具

意外に忘れやすいのが雨具。

自宅周辺の天気はよくても、目的地では雨、ということは往々にしてあります。

また、夏場には、突然夕立に襲われることもありますね。

お出かけ前には、コンパクトな雨具を1つ、かばんの中に入れておく習慣をつけておきましょう。


雨具

街中ではお店など雨宿りする場所も多いことから、雨具は折りたたみ傘でOK。

ただし、雨がやんだときには傘が邪魔になります。

そこで、かばんの中には、傘とともにビニール袋を入れておくと便利。

ぬれた傘を袋に入れて、かばんにしまっておけます。


一方、郊外や山あいなどでは、風雨を避ける場所がないこともあります。

このような場所へのお出かけでは、カッパが最適です。


かばんが大きい場合は、ポンチョタイプのカッパがおすすめ。

大きなリュックもなんのその。リュックもろともガバッと覆うことができます。



地図

知らない街を歩くときには地図が必須。

何にも知らずに適当に歩いていると、その街の見どころをたくさん逃してしまうことも。

ガイドブックなどをお持ちなら、ぜひ持参しましょう。


また、現地では、駅などの周辺にある観光案内所を訪れることをおすすめします。

たいていパンフレットや周辺マップが置かれています。

ガイドブックにも書かれていない、穴場情報をゲットできることもありますよ。


街歩きでの情報収集については「初めての街を歩く」のページもご覧ください。


地図を見ながら街歩き
スマートフォンで位置を確認

最近では、スマートフォンやタブレットを使って街歩きされる方が増えています。

その場合は、GoogleマップやYahoo!地図などの地図アプリの利用が便利。


スマホのGPS機能を使えば、目的地までのルートも簡単に調べることができ、道に迷う心配もありません。

今まで地図アプリを使っていなかった方も、この機会に使いこなしてしまいましょう。


紙の地図の「代用」どころか、それを大きく上回る便利さです。

位置の確認と併せて周辺の観光情報もチェック。街の見どころを逃しません。


また、ご自宅で計画を立てる際に、Googleマップ等を使って、街歩き用の地図を事前に作成しておくと便利です。

訪れる予定のスポットや食事場所などの目的地にピンを立てておくのです。

街歩きの当日はスマホで地図を確認。目的地へスムーズに移動することができます。





持っていれば何かと便利

カメラ

カメラ

街歩きでは、その地のいろいろな景色を写真に収めたくなるもの。

目の前に広がる風景を感じるままに、肩を張らず、気軽な写真撮影を楽しみましょう。


性能的には一眼レフのカメラがおすすめですが、大きくて荷物になるのが難点。

写真撮影が一番の目的でなければ、携帯に便利な小型のカメラがよいでしょう。

もちろん、スマートフォンのカメラでもOK。


ただ、スマホは撮影のしやすさという点では、まだ分が悪いですね。

ピントのずれや手ぶれで失敗することもあります。


スマホのカメラが使いづらいなら、コンパクトカメラ(コンデジ)はいかがでしょう。

最近はスマホカメラに押され気味のコンデジ。

しかし、シャッターを切りやすく、オートフォーカスでピントずれも起こりにくいです。

小型で胸ポケットに入れたり腰に装着したりすることもでき、歩く際に邪魔になりません。



絆創膏

軽いけがの止血、患部の保護に。


靴擦れした場合の、患部の一時的な保護にも絆創膏は便利です。

いったん靴擦れすると、それ以降歩くのがつらくなりますが、患部に絆創膏を貼るだけでかなり楽になります。


たいしてかさばるものでもありませんので、かばんに入れっぱなしにしておいてもよいですね。


筆記用具

筆記用具

街歩き中のちょっとしたメモに。

例えば、訪れた場所やふと気づいた点などをノートや地図に書き留めておくと、後で写真を整理する際などに役に立ちます。


スマホのメモアプリでも代用できます。

ただ、ペンが1本あれば地図やパンフレットにすぐにメモができ、何かと便利です。


歩数計

歩数計をお持ちなら、街歩きにも持参しましょう。

1回の街歩きでどのくらい歩いたのかチェックできます。

街歩きを終えて、「おー、今日はこれだけも歩いたのか!」と確認するのも、意外と楽しいものです。


歩数計にはいろいろなタイプがあります。その中でも、街歩きが好きな方に人気なのは次の2つ。


・腕時計型の歩数計

・ゲーム要素が魅力の「おもしろ歩数計」


なお、当サイト「街あるかんと」の街歩きでは歩数計が必須です。



交通系ICカード

目的地へ移動する際などに、電車やバスなどの公共交通機関を利用する機会も多いことと思います。

その際に、1枚持っていると便利なのが「交通系ICカード」。

改札に入るときと改札から出るときに読み取り機にタッチするだけで運賃精算。切符を購入する手間が省けます。


また、交通系ICカードは、発行会社に関係なく、さまざまな公共交通機関で共通に利用できます。


ただし、一部の路線では、交通系ICカードに対応していないところもまだあります。

特に、都市部から離れたエリアへのお出かけの際には、ICカードが使えるかどうか事前に確認しておきましょう。


バスのICカード読み取り機

また、交通系ICカードが最も威力を発揮するのが路線バス

路線バスでは、小銭を用意する必要がありますし、走行距離によって運賃が変わる路線も多いです。

降りる直前に慌ただしく両替したことがある方も多いのでは?。

しかし、交通系ICカードなら小銭不要!運賃が変動しても気になりません。


なお、路線バスの事業者や路線によってICカードの利用方法が異なります。

降車時のみ読み取り機にタッチする場合と、乗車時と降車時の2回タッチする場合があります。

注意が必要なのは、2回タッチのケース。

特に乗る際にタッチするのを忘れないようにご注意ください。



以上、街歩きでの持ち物についてお話しました。

ただ、これはあくまで参考例。

出発前には「かさばるもの、重量のあるものは持って行かない」ということを意識して、持ち物を準備してみましょう。


例えば、「必需品」として挙げたものでも、現地で調達できるのであれば持参する必要はありません。

できるだけ身軽な格好で出かけることが、存分に街歩きを楽しむための秘訣の1つです。


次回は、街歩きを楽しむための「心構え」についてお話しします。

こちらもおすすめ!「街歩きのお役立ち情報」

街歩きの効能(その1)

街歩きの効能(その1)

ウォーキングで持久力アップ・ロコモ脱出・メタボ解消!

街歩きの効能(その2)

街歩きの効能(その2)

新しい街を見て感じて自身を活性化!

初めての街を歩く

初めての街を歩く

道に迷わないための3つの心がけ

街歩きの留意点(心構え編)

街歩きの留意点(心構え編)

必見!街歩きを楽しむ秘訣とは?