関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

春の花粉対策  万全の対策で春の花見や新緑を楽しもう!

春は、街歩きに最適な季節。


3月、4月には梅や桜が咲き誇り、5月は新緑に包まれます。

また、ゴールデンウィーク前後は、ぽかぽか陽気の日が続く、絶好の行楽シーズン。


その一方で、春は、スギやヒノキなどの花粉が大量に飛散する、「花粉症」の季節。

花粉症の方にとって、お散歩どころか、ちょっとした買い物で外へ出ることすら苦痛となる、大変つらい時期。

しかし、気候のよいこの季節に家に籠もりっぱなしだと、誰でも気持ちがめいってしまうもの。


そこで、今回は、春の街歩きを存分に楽しむための花粉症対策についてお話しします。





スポンサードリンク



まずは免疫力アップから

花粉症の原因は、花粉に対する過剰なアレルギー反応です。

近年では、このアレルギー反応には体内の免疫力を高めることが効果的とされています。


ただし、免疫力のアップには、劇的な効果が出る特効薬などありません。

バランスのとれた食生活、規則的な生活、適度な運動など、生活習慣の改善を地道に行っていきましょう。


街歩きの基本である「ウォーキング」も、免疫力アップに欠かせない“適度な運動”の代表的なものです。

花粉症がつらいからといって家に閉じこもっているぐらいなら、花粉対策を行った上で外を散歩してみませんか?

免疫力向上で、症状がかなり改善されるかもしれませんよ。

花粉を体内に侵入させない

花粉症の直接的な要因は、外の花粉が鼻、喉、目などの粘膜に付着すること。

ということで、花粉が鼻・口・目に侵入するのを物理的に防止するのが、一番効果的。


鼻と口からの侵入防止には「マスク」が、目については「めがね」が、それぞれ有効です。


<マスク>

花粉症といえばマスク、というぐらい、花粉症対策の基本。

マスクで鼻と口を覆い、鼻や喉の粘膜へ花粉の付着を防止します。


花粉の侵入を確実に防止するためには、できるだけ密閉機能が高いものを選びましょう。

ただし、マスクで鼻と口のピッチリ覆われると覆われると、少々呼吸しにくくなります。

普段早歩きでウォーキングする人も、マスク着用時は少しゆっくり目に歩く方がよいです。


<めがね>

視力矯正にコンタクトレンズを使用している人は多いですが、コンタクトでは花粉をシャットアウトすることは難しいです。

また、花粉が目に入ってしまうと洗い流すのも大変。

そこで、普段はコンタクトを使用している人も、この時期だけはめがねに変えてみませんか?

かなりラクになりますよ。


ただ、普通の視力矯正用めがねだと、遮蔽性がイマイチ。

目への花粉侵入を確実に防ぐには、顔にピッタリフィットする「花粉対策めがね」がおすすめです。


なお、めがねの代わりに、サングラスでも構いません。

ただ、「白いマスク」と「黒いサングラス」で顔を覆うとかなり怪しげ。

この姿で暗い時間帯に出歩くのは、やめておきましょうね。

症状がひどい時期は薬も併用

症状がひどい時期は、マスクなどの着用に加え、薬の使用も検討しましょう。


まず、頭に浮かぶのが市販薬。薬局などで手軽に購入できるのがよいですね。

ただ、効果の出方には個人差が大きいです。

症状が変わらないと感じたら、薬が合わないのかもしれません。

薬局の薬剤師さんに相談して別の薬を試すか、耳鼻科を受診して専門薬を処方してもらうとよいでしょう。


なお、花粉症などのアレルギー性鼻炎の治療薬には、風邪薬と同様、眠気を生じさせるものがあります。

また、集中力が低下し、注意力が散漫になることもあります。


街歩きに出かけられる際には、このような「眠くなる薬」の服用はお控えください。

あまり詳しくない街をふらふらした状態で歩くのは危険ですし、道に迷う原因にもなります。

花粉症対策の最終手段!専門医での治療

どうしても症状が改善されないなら、最終手段、耳鼻科などの専門医による治療の検討も。

症状や治療内容にもよりますが、劇的に改善するケースもあります。

マスクの着用や薬の服用などせずとも、毎日快適!


花粉症の治療としては次のようなものがあります。


<減感作療法>

アレルギーの原因となる抗原を体内に注射し、抗原に対する免疫力をアップさせて、体の過剰反応を抑える治療法です。

全ての人に効果が出るわけではありませんが、花粉症の場合は、30~60%の確率で効果ありとされています。


<手術(レーザー治療)>

花粉症の治療としては手術も存在します。

一般的なものは、レーザーを照射して鼻の粘膜を焼くことで、アレルギー症状を生じさせにくくするものです。

ただし、レーザー治療の効果は数年以内に切れることが多く、再発後はまた治療が必要となります。


なお、これらの治療については、専門医の先生と、効果や費用などについて詳しく説明を受けた上で、治療を受けるかどうかを決定されることをおすすめします。

[参考出典:日本耳鼻咽喉科学会ホームページ]

こちらもおすすめ!「街歩きのお役立ち情報」

初めての街を歩く

初めての街を歩く

道に迷わないための3つの心がけ

夏の熱中症対策

夏の熱中症対策

「屋内避難」&「水分現地調達」のススメ

冬の寒さ対策

冬の寒さ対策

「保温」だけでなく「風対策」も意識した服装を

街歩きの留意点(持ち物編)

街歩きの留意点(持ち物編)

持っていくべきものはこれ!

スポンサードリンク