関西で新しい街歩きの楽しみ方を提案します

夏の熱中症対策  「屋内避難」&「水分現地調達」のススメ

夏は、太陽がさんさんと輝く開放的な季節。

特に夏休みやお盆休みの時期には、いろんな街や地域でイベントなど行われるため、お出かけの機会も多くなりますね。


一方で、近年の夏は、熱中症がよく話題となります。

熱中症は、「暑さにやられた」程度に甘く考えていると危険。

症状が重い場合には命を落とすこともあります。


イベントいっぱいの夏、熱中症なんかにかかっている暇はありません!

ということで、今回は、夏のお出かけの際に心がけたい、熱中症対策についてお話しします。



熱中症対策の基本は、体温調節と水分補給

熱中症とは、高温多湿の環境で起こる健康障害の総称。

その代表的な症状は、めまい、吐き気、けいれん、意識障害などです。


恒温動物である人間は、皮膚から汗を出すことによって体温調節を行います。

しかし、高温多湿の環境に長時間いると、体内の水分が不足して汗が出にくくなります。

そうなると、体温調整がうまくできなくなり、体内でいろんな障害が引き起こされます。


熱中症予防には、体温調整水分補給が特に重要。

ただ、街中を散策する場合と、例えばグランドでスポーツなどする場合とでは環境条件が違い、取るべき対策も少々異なってきます。

ということで、以下では、特に「街歩き」にスポットを当てた熱中症対策についてお話ししていきます。

気温の高い時間帯は屋内に避難

街の中は熱がこもりやすく、郊外と比べると気温は高め。熱中症になる危険性も高いです。

しかし一方で、街には、駅やお店などいろいろな建物があります。

熱中症になりそうな気温の高い時間帯は、屋外での散策をやめて、屋内へ「避難」を。


屋外を出歩くときは体温上昇に気をつけて。

冷たいタオルやベルトなどの「冷却グッズ」を首に巻き付けるのが効果的です。



なお、太陽の日差しが最も強くなるのは正午。

ただし、日差しで空気が熱せられるまでのタイムラグで、気温のピークは正午から少しずれて午後2時頃になります。

そのため、正午~午後2時の間は、できるだけ屋内で過ごすのがよいでしょう。

屋外の散策は、上の時間帯を避け、朝方や夕方の涼しいときに行いましょう。


なお、暑さを感じてから屋内に駆け込んでも、手遅れになることもあります。

できれば、街歩きの事前検討の段階で、日中は屋内を巡るような計画を立てておくとよいでしょう。

クーラーの効いた屋内施設を、あらかじめ、散策ルートに組み込んでおくのも1つの手です。

水分持参はほどほどに、残りは「現地調達」

気温の高い夏、汗で失われた水分の補給が遅れると、脱水症状になるおそれがあります。

こまめな水分補給を心がけましょう。

喉の渇きを感じる前に水分を取るのがポイントです。


ただ、街歩きの持ち物でもお話ししましたが、疲労を抑えるには荷物を減らすのがコツ。

夏は飲み物を多めに持参したいところですが、一方で、荷物が重くなるのも好ましくありません。


なお、街中を歩く場合には、たいていその途中に、自動販売機やコンビニなど水分を調達できる場所が存在します。

家から持参する飲み物は水筒1つにし、残りは「現地調達」にしてみては?

空になった水筒に購入した飲み物を「補充」すれば、持ち物が増えることはありません。

ただし、水分などの購入は、普段よりも「早め」&「多め」を心がけて。

お茶が少なくなってきたけど、どこかに自動販売機があるはず、とタカをくくっているときほど、意外と見つからないものです。


なお、暑いからといって購入したばかりの冷たい飲み物を一気に飲んでしまうと、胃腸の機能が低下します。

お腹を壊しでもすれば、街歩きどころではありません。

胃腸がそれほど強くない方は、常温の飲み物を購入するのも1つの手です。

最近では、常温のお水やお茶を売っているコンビニも増えていますよ。


また、汗をかくと、水分だけでなく塩分や電解質も失われます。

塩分や電解質が不足するとけいれんが起こる場合もあります。

水やお茶だけでなく、ときおりスポーツドリンクを飲むなど、塩分や電解質の補給にも気をつけましょう。


もしや熱中症?と思ったら早めの対処を

頭がぼーとする、ちょっと体がだるいなどの症状があったら、熱中症を疑って、すぐに次の処置を行いましょう。

  • 木陰や屋内など涼しいところで休息
  • 首もとを緩めて体の冷却促進
  • 近くのお店などで手に入るなら、氷で首もとを冷却
  • 水分・塩分・電解質の補給をしっかりと

軽い熱中症なら、これらの処置を行いつつしばらく休めば、症状はそのうち治まります。

ただ、意識がもうろうしてくるようなら、かなり重症。

すぐに近くの病院へ行き、適切な処置をしてもらうことが必要です。



熱中症では、軽い症状が出てもそれを意識しないまま、放置してしまうことが一番危険です。

逆に言えば、発症のメカニズムをよく理解した上で、正しい対策を頭に入れていれば、そう恐ろしいものではありません。

適切な対策で確実に熱中症を予防し、イベント盛りだくさんの夏を思いっきり楽しみましょう。



こちらもおすすめ!「街歩きのお役立ち情報」

街歩きの効能(その1)

街歩きの効能(その1)

ウォーキングで持久力アップ・ロコモ脱出・メタボ解消!

街歩きの効能(その2)

街歩きの効能(その2)

新しい街を見て感じて自身を活性化!

春の花粉対策

春の花粉対策

万全の対策で春の花見や新緑を楽しもう!

秋のスズメバチ対策

秋のスズメバチ対策

とにかくハチを刺激しないこと

スポンサードリンク